誰でも作れるレディース向けトートバッグ

自分で作ったファッションアイテムを身に付けることは、より自分らしさを演出するポイントにもなります。また、作っている過程も非常に楽しいものです。しかし、手芸が得意で何でも作ってしまう人がいる一方、なんとなく手作りは苦手だと感じてしまう方も多くいます。しかし、特に難しい技術を使わなくても作ることができるアイテムはたくさんあるのです。その筆頭がトートバッグです。布地さえ用意をすれば、ほとんど直線で縫っていくだけで形になるので、不器用だと思っている人でも簡単にできます。ミシンがあればより丈夫できれいなものができますが、手縫いでも十分使えるものが作れます。まず、手作りアイテムの第一歩としてレディース向けトートバッグ作りを早速始めてみましょう。

はじめはシンプルなものから挑戦

手芸が苦手な方は、はじめからこったデザインにしようと思わず、シンプルなレディーストートバッグ作りから始めてみましょう。エコバッグに使えるようなものが使いやすく作りやすいのでお勧めです。デザインに凝りたいのであれば、布地の柄を変えることで大きく印象が変わります。布地を二つに折り、両側の端をまっすぐ縫い、上部を折り返して縫います。それだけで袋ができます。そこに別に紐状に縫い合わせた布を付ければ簡単にトートバッグができます。持ち手はしっかり縫い付けると重いものを入れても耐えられます。単純な形ですが、折りたたんで持ち運ぶこともできますし、買い物の際などに便利な形です。まずはこうしたシンプルなものを作ってみて、物を作る感覚を味わってみることから始めてみましょう。

慣れたら変化を付けてみると楽しい

シンプルなレディーストートバッグをいくつか作ってみて慣れてきたら、様々な工夫をして変化を付けてみましょう。大きさや布の素材を変えることで全く別のものになります。取手を別売りの本格的なものにしてみると、製品のような出来上がりになるでしょう。上部がきちんと閉まるように、スナップやファスナーなどを付けてみると使い勝手がよりアップします。アップリケをしたり、ステンシルなどで模様をつけるのも楽しいものです。ポケットなどを付けると使いやすいものになります。飾りボタンやビーズなど、装飾を付けていくとちょっとした高級感の演出につながります。シンプルな形がベースでもアイディア次第でいろいろ工夫することができるものです。出来上がったものをカスタマイズするなど、自分らしい変化を付けてみましょう。